東京の日常を表現していたブログですが、最近は東洋医学、文化、文明などについて思ったことを書き連ねています。


by s-a-udade

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
写真
日常
食べ物
お知らせ
短歌

その他
東洋医学
未分類

外部リンク

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2013年 08月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファンデーションの歴史

最新の記事

お引っ越ししました。
at 2014-03-13 14:47
航空会社別シートピッチ一覧 ..
at 2014-03-08 16:01
『ハンナ・アーレント』再考 ..
at 2014-03-05 13:42
HIV/AIDSに関するアン..
at 2014-03-03 00:38
普遍化する「未病」、誰もが病..
at 2014-03-01 18:52

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

喫茶店日和

テスト前なのに勉強せず、喫茶店に入り浸っていました。

新宿に喫茶店はいっぱいあるけれど、ちゃんとした豆を扱っている喫茶店っていうのはなかなかない。私が知る限りでは東口の一店舗のみだ。新宿駅近くでは・・・・。
父の命によりその店の豆を買って帰ったので、自宅でもいれてみるとやっぱりちがう。挽いている段階から香りが全然ちがうんだもの。味も格別だ。焙煎したての豆だと、淹れはじめは炭酸ガスがたくさん出るので新鮮な豆というのは一目でわかる。ちなみにその店の「当日焙煎証明書」には「珈琲豆は生鮮食料品です」と書かれている。さすがだ。
百貨店なんかに出店している店でも、搬送用の袋に詰められた豆をガサッと出しているところを見てしまうともう買う気にはなれない。喫茶店だって、焙煎してから相当たった豆を平気で淹れている店もたくさんある。

その店に出入りし始めて三年、まだそれを超える味と香りの珈琲には出会ったことがない。
そんなわけで、全国の喫茶店店主のみなさん、うちの豆が日本一だと言い切れるのならば是非荒木までご一報ください。
[PR]
by s-a-udade | 2011-02-15 17:41 | 日常