東京の日常を表現していたブログですが、最近は東洋医学、文化、文明などについて思ったことを書き連ねています。


by s-a-udade

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
写真
日常
食べ物
お知らせ
短歌

その他
東洋医学
未分類

外部リンク

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2013年 08月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファンデーションの歴史

最新の記事

お引っ越ししました。
at 2014-03-13 14:47
航空会社別シートピッチ一覧 ..
at 2014-03-08 16:01
『ハンナ・アーレント』再考 ..
at 2014-03-05 13:42
HIV/AIDSに関するアン..
at 2014-03-03 00:38
普遍化する「未病」、誰もが病..
at 2014-03-01 18:52

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

人見知り。

突然ですが、私は(たぶん)自他共に認める人見知りなんです。バイト先には何十人も仲間がいるけど、話したことがない人とか苦手な人もたくさんいて、困ってる。というか困られている。

先だって池内紀のエッセイを読んでいたら、あとがきにこんな文章をみつけた。

「ひとり旅はさびしくない?」なんて問われるが、とんでもない、ひとりでいるときほど人と親しくまじわっていることはない。

好きなことをする以上に、「いやなことはなるたけしない」をモットーにしてきたような気がする。いつも人恋しい思いがあるので、わざとそっけなく、へだたりをとって生きている。


うーん。この通りなんだよなぁ。人恋しいのにへだたりをとって生きている。この理由は、分からない人にはわからないだろうけど、説明しろと言われても上手く説明できないのだ。
旅先とかじゃ全然人見知りしないから、たぶんなにかきっかけか何かがあればしなくなるんでしょうけど。
それでもあえて人と関わらないようにしている。これ、人見知りと呼んでいいものか。

バイト先の友達には、荒木が愛想よかったら最強(にモテる)と言われました。まぁそんなことはないでしょうけど。
誰とでも仲良くしてしまったら、人恋しさが満たされてるかりそめの気持ちに満足してしまうのではないかと、恐ろしいのは確か。人恋しくても、誰とでも、ではなくて、少しだけでもちゃんと自分を受け止めてくれる人を大切に思いたいんです。きっと。
簡単に心を開かないのは、簡単に自分をさらけ出して傷つくのが怖いから。
そうできない人とは、また表面上は仲良くするなり、できる限り関わらないようにして、生きてるのではないかなぁ。
[PR]
by s-a-udade | 2011-04-29 22:36 | 日常