東京の日常を表現していたブログですが、最近は東洋医学、文化、文明などについて思ったことを書き連ねています。


by s-a-udade

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
写真
日常
食べ物
お知らせ
短歌

その他
東洋医学
未分類

外部リンク

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2013年 08月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファンデーションの歴史

最新の記事

お引っ越ししました。
at 2014-03-13 14:47
航空会社別シートピッチ一覧 ..
at 2014-03-08 16:01
『ハンナ・アーレント』再考 ..
at 2014-03-05 13:42
HIV/AIDSに関するアン..
at 2014-03-03 00:38
普遍化する「未病」、誰もが病..
at 2014-03-01 18:52

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

彼が死んだって何も変わらない

ビンラディン氏が米軍の部隊に殺害されたというニュース。その信憑性はともかくして、私はアメリカ合衆国に対しての怒りが収まらない。

だからといってアルカイーダを支持するつもりも毛頭ない。すこしばかり同情するけれど。

"JUSTICE HAS BEEN DONE"
このjusticeとは一体何のことだ?
イスラーム過激派の人たちだって、自分たちを正義だと思ってやっているではないか。
国や宗教や人種や境遇や家柄や、数え切れないだけの要素によって正義がそれぞれ定義されているというのに、アメリカ合衆国の言い分だと正義は地球上にただ一つのようだ。それを達成すべく人を殺めるのも正義らしい。
お祭りムードのアメリカ合衆国の映像が流れてくる。
彼は確かにテロ組織のリーダーだった訳だけれど、彼を殺したからって何が変わるのか?アルカイーダが消滅し、世界が平和になるのか?
だとするなら、百歩譲って、仕方ないと言えるかもしれない。

たとえばもし、アメリカ合衆国の大統領のオバマ氏がアルカイーダに殺されたとして。
アメリカ合衆国は「テロとの戦い」をやめるのか?
結局、アメリカ合衆国にしろ、イスラーム過激派にしろ、血を血で洗うことしかしていないじゃないか。双方がそれを正義だと思ってやっている。この戦争に終わりは見えない。もしアルカイーダが弱体化するにしても、それが本当に正義であり、平和なのか。
アメリカ合衆国流の正義を、その国以外のどこが求めているというのか。あるいはイスラーム過激派流の正義を。
世界に存在する人の数だけ正義はあって、自分の正義こそが絶対の正義だと考えるのは馬鹿げている。ムカつく奴を殺すのが正義なのか。やられたからやり返すだけの小学生の喧嘩みたいなことが正義なのか。
大統領や政府の人間が偉そうにふんぞり返ってる一方で中東で戦争の犠牲者が出ているのが正義なのか?
正義などではなく、単なる帝国主義でしかない。こんな戦争は無意味だ。共存するよりほかに道があるのなら、教えてほしいものである・・・・・。
[PR]
by s-a-udade | 2011-05-02 23:18 | 日常