東京の日常を表現していたブログですが、最近は東洋医学、文化、文明などについて思ったことを書き連ねています。


by s-a-udade

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
写真
日常
食べ物
お知らせ
短歌

その他
東洋医学
未分類

外部リンク

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2013年 08月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファンデーションの歴史

最新の記事

お引っ越ししました。
at 2014-03-13 14:47
航空会社別シートピッチ一覧 ..
at 2014-03-08 16:01
『ハンナ・アーレント』再考 ..
at 2014-03-05 13:42
HIV/AIDSに関するアン..
at 2014-03-03 00:38
普遍化する「未病」、誰もが病..
at 2014-03-01 18:52

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

私と小笠原

世界自然遺産、小笠原。

今では俄に、誰もが知る島になってしまいましたね・・・・。

私が初めて小笠原に行ったのは17歳、高校三年生の時でした。高校生といっても、もうその頃にはほとんど学校には顔を出さなくなってしまっていて、ただのプーに近かったのですが。
夢を失い、恋も失い、やる気も何もなくて、人生を悲観して、ただ旅に出たくなってたどり着いたのが小笠原でした。どうして小笠原に行こうと思い立ったのか、全然きっかけと思えるようなことは何もなく、ただ沖縄じゃなくて小笠原に行こうと思い立ったのです。あれは島に呼ばれたのだな、と思いました。
親には何も言わずに、ただ携帯の電波が届かなくなる直前にメールだけを入れて、どこにいるとも言わずに。ビジネスマンが1,2泊の出張に使うような鞄を一つだけ持って、おがさわら丸に乗ったのです。

そして、小笠原に着いた。

来てしまった、という感じで、到着した午後、特にすることもないので海を眺めてボケッとしていたら、おじさんが声を掛けてきた。
船で見たよ。一緒に飲もうよ。
ーいや、まだ高校生なんで。
この島じゃそんなの誰も気にしねぇよ。

そんなわけで、そのおじさん(おがさわら丸で働いている人でした)とその友達や同僚と、堤防で缶ビールやらチューハイを乾杯したのであります。次の日は朝九時から夜十一時まで飲み、またある日は遠くの海岸まで大人数で遊びに行ったり、またある日は12時間バーベキューをやったり、それはそれは楽しい日々を送ったのです。
傷ついた心も、そのうち癒され、最高の生活を満喫するようになったのです。
ユースホステルに泊まっていたので、旅仲間には困らなかったし、みんな私を可愛がってくれたし、本当に楽しかった。
人生でここまで楽しかった時間はなかった。
これは言葉にできない体験でした。

でも帰らなければならない時というのは、必ずやってくるものです。当初は三航海(船が週に一便なので、滞在期間は航海の数で決まる)の滞在の予定だったのですが、あまりに素晴らしいので延泊して、結局一ヶ月近く滞在してしまった。でも8月になるとベットは満室で、キャンセルも出ず、泣く泣く内地に帰ったのでした。

あれだけ楽しい日々を過ごしたのだから、と思っていたけれど、内地帰るとやはり東京はつまらない。日焼けの肌が白く戻るのにつれて、表情もまた硬くなっていく。再び夢を失ったのです。そうして高校を辞めた。

その後、お金を貯めては小笠原に帰る(行く、というのではなく、帰る、という感覚です。帰るとおかえりなさいと言われる。)というのを一年続けました。そうしていくうちに、徐々に夢を取り戻し、元気も取り戻し、専門学校に入学することを決めるまでに至ったのです。
撮り貯めた写真で、小笠原写真展を開催もしました。(ウェブサイトに載せている写真ではないですよ)

理想は、年に10ヶ月働いて、残りの二ヶ月を小笠原で過ごすことかなぁ。

そんな訳で、最近俄に脚光を浴びている小笠原を見ると、意中の人がAKB48にでも入ってしまったかのような寂しさというか、そんな思いを抱くのです。
[PR]
by s-a-udade | 2011-06-29 23:14 | 日常