東京の日常を表現していたブログですが、最近は東洋医学、文化、文明などについて思ったことを書き連ねています。


by s-a-udade

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
写真
日常
食べ物
お知らせ
短歌

その他
東洋医学
未分類

外部リンク

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2013年 08月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ファンデーションの歴史

最新の記事

お引っ越ししました。
at 2014-03-13 14:47
航空会社別シートピッチ一覧 ..
at 2014-03-08 16:01
『ハンナ・アーレント』再考 ..
at 2014-03-05 13:42
HIV/AIDSに関するアン..
at 2014-03-03 00:38
普遍化する「未病」、誰もが病..
at 2014-03-01 18:52

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:食べ物( 5 )

新宿伊勢丹 Rejiig その2

写真と短歌がメインのブログのはずなのに、いつの間にか食べ物の話題ばかりになっていますね。
別に食い意地が張っている訳ではないですよ。体重、50キロ台半ばだし・・・・・。身長は男性の平均値です。

先日も書いた伊勢丹新宿店メンズ館8階の喫茶「Rejiig」に今日もいってきました。
こないだはコーヒーの味が残念だったので、今日はアンリ・ルルーのケーキと紅茶のセットを頂きました。
先日、キハチに行ったときもそうだったけれど、アールグレイを注文しても「レモンかミルクお付けしますか?」と訊かれるのはどうしてでしょう? フレーバーティーに普通、レモンもミルクも入れないでしょう・・・。台無しになっちゃうんじゃないですか?
それはいいとして、アンリ・ルルーのケーキは、塩キャラメル、コーヒー、栗を使用したものがあって、アンリ・ルルーといえばキャラメルなので、私は迷わずキャラメルにした。
ケーキにはナイフとフォークが付いてきた。私は賤民なのでケーキを食べるのにナイフなんて使ったことがなく、軽くカルチャーショックだったが、無視してフォークだけで頂いた。
ケーキというかムースだった。周りはゼリーで薄くコーティングされていて、金粉がふってある。
味はというと、アンリ・ルルーのキャラメルの味をよく生かしたクッキー生地を使い、決して薄味ではないのだけれどしつこすぎない仕上がりになっていた。ただもう一ひねり欲しいような気がした。普通のケーキならまだしも、アンリ・ルルーなのだから。
ちなみに地下のお店でも、630円でお持ち帰りができます。

Rejiigは落ち着いていて、良い感じにジャズが流れて、一人で一息つくには丁度良い。やかましいおばちゃん軍団の笑い声さえも吸収して、BGMにとけ込ませ、昇華してしまうほど。
会計は海外のカフェのように、革製のバインダー(?)に挟まれた伝票がテーブルにそっと置かれるようになっている。素敵。

まだ二回しか行ったことがないけれど、このお店は好きかもしれない。コーヒーの味以外は。
[PR]
by s-a-udade | 2010-11-25 21:23 | 食べ物

新宿伊勢丹 rejiig

今日は免許証を更新に行ってきた。朝の早い内に行ったので、あまり待たされることはなくに無事終わった。初回なので講習は2時間だが、一番後ろの席だったので気持ち良くウトウトしているうちに終わってしまっていた。よかったよかった。
そんなわけで免許証はグリーンからブルーになったのだ。
それにしても、府中の試験場は車で来るなと言っているくせに交通の便の悪いところにある。まったく……

夕方まで暇だったので喫茶店で暇つぶしをしようと伊勢丹本館に入ったが、昼過ぎのいい時間で、キハチカフェもクローバーもロイヤルコペンハーゲンのカフェも満席で、列が出来ていた。
私は喫茶店で並ぶ意味がわからないので諦め、そういえばメンズ館にも喫茶店があるのを思い出した。
メンズ館の8階に喫茶店Rejiigはあるのだが、まず8階自体に人が少なく、着いた頃には3組程度しか人がいなかった。日曜日なのに。
コーヒーは濃いめだがハンドドリップではないみたい。コーヒーメーカーっぽい味がした。この味で945円は高いかなー。付け添わせにチョコレートとレーズンがついてくる。お洒落。
静かにジャズが流れ、落ち着いた雰囲気で、席の間隔も広いので隣の席の人に気を遣うこともなく快適だ。
デパートの喫茶にしては空いているし、なかなか穴場だと思う。

ちなみにこの店はフォアグラバーガーで有名なんだとか。私は遠慮したい。
あと、フランスのキャラメリエ、アンリ・ルルーのケーキも頂けるらしい。

大人の男性の為のカフェ。私にはまだ早いかも。
[PR]
by s-a-udade | 2010-11-21 14:30 | 食べ物

堂島ロール

大阪のパティスリー、モンシュシュの「堂島ロール」を伊勢丹の地下の催事で売っていたので購入した。
有名な店だから、どこでも並ばないと買えないということらしい。
ただ、運が良かったのか、人気が下火になってきたのか知らないけれど、5分ほど並んで買うことができた。

d0189176_20574760.jpg


クリームはとっても「クリーム」っぽい。いやそれじゃぁ伝わらないか。
ソフトクリームみたいなクリーム感で、けっこうこってりしている。
好きな人は好きだろうね。

ただし、スポンジのキメが細かい分堅くなってしまい、スポンジが少し主張しすぎかな、と感じたのと、
けっこうクリームもしつこくて、欲張って分厚めに切ったら途中で飽きてしまった。
個人的には、先日も頂いたキハチの方がさっぱりしていて、美味しかった。

一日しか日持ちしないのだけど、4人家族では余ってしまい、残り、誰が食べるんだよみたいな雰囲気になってしまった。


さて、いよいよ明日は写真展。
なんとか準備も間に合いそうだ。
大きく引き伸ばされた自分の写真を見ていると、とても嬉しく、ワクワクする。
どんなお客さんがくるのだろうか??
楽しみだ。
[PR]
by s-a-udade | 2010-11-12 21:03 | 食べ物

jackpot新宿

もう一昨日の話になるけれど、新宿にある牡蠣の専門店、jackpotに友達と行ってきた。
バイトの後だったから、入店が9時半になり、すでにいくつかの牡蠣は売り切れていたが、店には常に十種類以上の牡蠣が用意されているらしく、あっさりめ、クリーミーめ等、色々と選ぶことができた。
牡蠣に掛けるソースはレモン以外に5種類、ポン酢、赤ワインビネガー、ボウモア12年、チリソース、カクテルソースがあり、一番美味しかったのはチリソースだったかな。でもレモンがやっぱりいい。
ワインの種類も豊富で、僕らは学生なので安いイタリアのスパークリングワインと、南アフリカの白ワインを頼んだけれど。
料理もピザを頼んだら美味しくて、クロアチアのピッツェリアを何となく思い出した。
ワイン二本空けた所為もあって、良い気分になって食べ過ぎてしまった。
お会計は¥14500-。私は1万持っていたが、友達が3千しか持っていなかったため、クールにカードで一括払い。
別にお腹下したりはしなかった。よかったよかった。


d0189176_1315963.jpg

クラスメートに誕生日のお祝いを貰いました。かっこいい。感謝です。



d0189176_132385.jpg

朝のカフェオレ。

d0189176_132658.jpg

家のベランダを、最近工事したんです。



If you see Kay
Will you tell her that I love her
And if you see Kay
Let her know I want her back
If she listens, say that I'm missing
Everything about her
Make sure you say
I'm sweet FA without her
If you see Kay

[PR]
by s-a-udade | 2010-11-11 13:08 | 食べ物

issui

明日で二十歳になるので、お祝いにボスから新宿伊勢丹に入っている「issui」のわらび餅と、栗あんしるこをいただきました。
こちら
全て国産の食材を使っており、当日中の賞味期限なのです。
伊勢丹がプロデュースして、新宿中村屋が製造しているようです。
さすがは伊勢丹なだけあって、かなりお洒落ですし、結構良い値段するみたいです。
ただし量は少なくて、高級感があります。でもパッケージが面白いので、友達なんかと食べるといいかも。
ただし味付けは、中村屋っぽさがとても感じられます。
包装から言うと、さっぱりした味のような印象を持っていたのですが、結構くどかったので、これくらいの量で充分だったと思います。
ただし、わらび餅は840円で五つしか入っていませんので・・・1つあたり、とか考えてしまいますね。

あと三十分ほどで私の十代もおわり、ようやく成人します。楽しかったな。さようなら、十代。

[PR]
by s-a-udade | 2010-11-07 23:24 | 食べ物