東京の日常を表現していたブログですが、最近は東洋医学、文化、文明などについて思ったことを書き連ねています。


by s-a-udade

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
写真
日常
食べ物
お知らせ
短歌

その他
東洋医学
未分類

外部リンク

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2013年 08月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファンデーションの歴史

最新の記事

お引っ越ししました。
at 2014-03-13 14:47
航空会社別シートピッチ一覧 ..
at 2014-03-08 16:01
『ハンナ・アーレント』再考 ..
at 2014-03-05 13:42
HIV/AIDSに関するアン..
at 2014-03-03 00:38
普遍化する「未病」、誰もが病..
at 2014-03-01 18:52

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

バングラデシュで思ったこと

バングラデシュから帰国してそろそろ二週間が経つ。日常の引力の大きさには敵わず、結局は行く前と同じ生活を私は送っているのかもしれない。

帰ってきてから、よく友達に、どうだった、とか、楽しかった、とかって訊かれるのだけど、その度に答えにつまっている。
私は行って本当に良かったと思っているし、バングラデシュで過ごした時間はとても楽しかった。それは間違いない。
しかしそこで楽しかったよとか良かったよとひとつに答えたくない気持ちもある。
なぜなら私には得たものと後悔があったから。でもまだ、それを語るときではないと思っていた。
しかし語らぬまま今の思いが消え失せ記憶から遠く離れてしまうことを考えると、今日ここに記しておこう、と決めたのだ。

私はバングラデシュで、観光客としていろんな見所を探して見て回ったりとか、地元の人に声を掛けられて喋ったりとかして、随分と楽しい思いをさせてもらった。旅行者としては満足している。とても良い旅だったし、同じ趣味の人がいたらこの国を勧めたいと思う。それだけ楽しい時間を過ごすことができた。その理由を挙げればきりがないけれど、たとえば外国人にとても興味を持って接してくれるところ。鬱陶しいと思うところもあるけれど、概して親切で、少し恥ずかしがり屋だけどフレンドリーなバングラデシュ人は、少し会話を交わしただけでも楽しい時間を提供してくれる。滅茶苦茶な英語を駆使していろんな事を訊いてくる。私には楽しかった。それが嫌という人もたくさんいるだろうけれど。
町を離れればまだ自然は残っているし、車窓やバスから見る景色は水と緑に溢れている。日本にはないすばらしさである。
だけど、やはり、というか、町を歩けばストリートチルドレンがいて、物乞いのために手足を切り落とされた人々がいて、熱い油を掛けられて全身火傷した子供がいて。その裏にはレンタルチャイルドのビジネスやマフィアが絡んでいるという事実がある。私はそれを、旅立つ前に石井光太さんの書いたいくつかの本で読んでいた。だからこそ彼らを直接見て、その現状について考えなければならなかった。
そうはいっても、バングラデシュに着いてしばらくは、群れるストリートチルドレンの、そのかすれた声や汚い身なりやしつこさを酷く不快に思い追い払ったものであった。
しかし、彼らはそうして何とか誰かにお金を恵んでもらって、やっと一日分の食事にありつけるかありつけないかのギリギリの生活を送っているのだ。もし私がお金を払わなければその日の食事を摂ることができず飢えるかもしれないし、女の子は一日の食事の為に身体を売らなければならないかもしれない。一日生き延びられたとして、その一日がその人たちにとって何のためになるのか私には分からないし、あるいは辛い人生を徒に伸ばすだけになるのかもしれない。だけど私は、もし一日生き延びられたとして、その次の一日で世界が変わったら、と期待せずにはいられなかった。彼らが明るい未来を見ることができるなら、一日でも生き延びてほしい、あるいはその希望を持って少しでも長く生きて欲しいと思った。
バングラデシュの人口は1億5000万人。そのうちの約半数は一日に1.25ドル以下で生活しているのだという。もちろんその中には一日に0.5ドル以下で生活している人も含まれている。贅沢を言わなければ食事など一食20円くらいでできてしまうのである。私の恵んでやる5円が、私にとって多少の金額でも彼らにとっては一日の食事にありつけるかどうか、本当に大きな金額なのだ。それを、不快だとか愉快だとかって追い払って見捨ててケチってしまっていいのか。私はその行動を酷く羞じて後悔した。私に救える命があったのを見捨てたのだ。たんに一時の不愉快だと思う醜い感情のために。自らの偽りの快適さのために。そんな小さなお金、小さな事をケチっている人間が世界を変える人間になどなれるわけがない。見捨てる代わりに、より多くの人を救えるなら、見捨てたかもしれない。でも私が見捨てる代わりに得た物などない。ただいなくなってくれて良かったという単純で卑劣極まりない感情だけである。確かにこの状況を変えなければいけないとおもう。変える事に比べたら恵んでやることなどごくごく小さな事だ。だけど今私にできることなど、恵んでやる以外にない。他にもっと大きな事をできる人間だったなら、私は・・・・。

バングラデシュはかつてアジア最貧国と言われた。ジョンレノンなどによる救済コンサートが行われたりだとか、先進国やNGOの支援を受けている。
日本もバングラデシュには多額の支援をしてきた。そのお金で学校が建ち、病院が建った。(病院に最新の設備があるが使える医者を育てる環境がないという批判は、今回の話題には直接関係ないので無視する)そして高級なホテルが建ったりとか、町が整備されたりとか、国民の生活のレベルが上がったりとか、道路ができたりとか。様々な恩恵があった。
でも一方で、外国人がいるような高級住宅街にストリートチルドレンがいて、彼らに喜捨を求めたりとか、そういう事実は消すことはできない。最下層は最下層から脱する事はできない。その裏にはマフィアがいて、マフィアに頼ることしかできない悲惨な現実もあり、マフィアと物乞いだって持ちつ持たれつの関係をするほど彼らが救えない現状にあるという事実もある。這い上がろうとしても落ちていくばかりである。まさに蟻地獄のような生き様である。
日本はバングラデシュに今までいろんな支援をしてきたけれど、残念ながらそういった最貧困層に属する人達を救った訳ではない。ある程度の生き方ができている人達の、全体のレベルを上げただけに過ぎない。

そして私もそれを解決する方法を思いつかない無力な人間である。

帰国してから、折に触れてはどうしたら変えられるのか、救えるのだろうかとずっと考えているが、未だに答えは出ない。まだ私には知っていることが少なすぎるのも一因だし、単に無能な人間であることも災いしている。
こんなとき、チェだったらどうするんだろうか。チェだったら、この現状を見てどうしようと思うんだろうか。
ゲバラさん、あなただったらどうするんですか、と訊きたい。
[PR]
by s-a-udade | 2011-08-29 23:18 | 日常

西日本紀行2011

d0189176_22453479.jpg

d0189176_22453159.jpg

d0189176_22452998.jpg

d0189176_22445536.jpg

d0189176_22445464.jpg

d0189176_22451743.jpg

d0189176_22452122.jpg

[PR]
by s-a-udade | 2011-08-24 22:46 | 写真

バングラデシュ紀行

バングラデシュ紀行を動画としてまとめました。総集編含めて全部で九編あります。
全部だと長いのですが、お時間がない方は最後だけご覧ください。

①コックスバザール編


②チッタゴン編Ⅰ


③チッタゴン編Ⅱ


④チッタゴン編Ⅲ


⑤シレット編


⑥ラジシャヒ編Ⅰ


⑦ラジシャヒ編Ⅱ


⑧ダッカ編


⑨総集編
[PR]
by s-a-udade | 2011-08-24 17:45 | その他

荒木駿写真展 水と緑の麗しき大地 バングラデシュ

国土の多くが湿地であるバングラデシュ。雨期には大量の雨に見舞われ、常に洪水と隣り合わせで生きています。
しかし洪水もまた、大地に養分をもたらす恵みでもあり、その大地がこの国に住む1億5000万人の人を支える、米を育んでいるのです。
空からこの国を見ていると、大きな川と、そしてどこまでも続く田んぼの大きさに驚かされます。そしてその大地も雨期には水につかってしまうのです。

そして、人々は驚くほど親切で、フレンドリー。外国人を見ると、恥じらいながらも元気に話しかけてきます。
世界一の人口密度を持つこの国では、常にリキシャ(人力タクシー)が溢れ、常に道は渋滞しています。
それはこの国の混沌を描いているかのよう。
貧困と開発のあいだ、民主化と権力争いのあいだで常に揺れ動くこの国、どこに行っても混沌が感じられます。

美しい景色だけでなく、混沌や、貧困の現状も伝え、意義ある写真展にできれば、と思っております。


2011 11/12-13
10:00-18:00(Cafe Time)
東京・広尾 Cafe Calva
東京都港区南麻布5-16-4 村松ビル2F
(有栖川宮記念公園の斜向かい 地下鉄日比谷線広尾駅徒歩1分)
入場は無料ですが、ご来場一名様につき一品以上のご注文をお願いいたします。
[PR]
by s-a-udade | 2011-08-23 20:03 | 写真

出雲大社 御本殿大屋根特別拝観

今日、出雲大社の御本殿の大屋根特別拝観に行ってきました

出雲大社は、現在「平成の大遷宮」のさなか。
御本殿の屋根を葺き替え、古くて駄目になった柱を取り替え、御本殿を綺麗にして、むこう六十年間の神様のお住まいとする工事です。
そのあいだ、神様、この神社に祀られているのは大国主命ですが、御仮殿にいらっしゃいます。
普段は御本殿は神様がいらっしゃるので出雲大社の神主以外は立ち入ることができません。六十年に一度の遷宮こそが、我々一般プープルが立ち入るチャンスなのです。
この平成の大遷宮、平成二十年にはじまり、平成二十五年五月十日に終わるまで、何度かの特別拝観が行われています。今回は、その大屋根の葺き替えを見学する機会だったのですが、これが想像していた以上に複雑なものなのです。
大屋根の外側は、檜皮葺になっています。檜の皮で葺いてあるということです。檜皮は、出雲大社では二尺五寸から四尺の四種類を使っています。新しく葺き替えるために用意された檜皮は、なんと六四万枚。それを職人さんがひとつひとつ、手作業で葺いているのです。竹の釘を使っています。そして、古くなって外された檜皮の総重量は、なんと50トンあまり。
現在の御本殿は、延享元年(1744年)に作られたものですが、檜皮の内側の、木の組み方もその当初から変わっていません。しかし驚くほど考えられて設計されているのです。また、江戸期の職人が書いたと思われる大黒様の絵などが今回の大遷宮で見つかっており、なかなか興味深いものとなりました。

大屋根特別拝観は日曜日まで行われています。私は事前申し込みでしたが、当日整理券でも十分に入場できそうでした。
Tシャツやジーンズなどの格好では拝観できず、襟付きシャツや長ズボン、長スカートでの入場が求められます。

最後に六十年間、神様の住処を守り続けた檜皮をいただきました。お守りとして使わせていただきます。
[PR]
by s-a-udade | 2011-08-18 21:52 | 日常