東京の日常を表現していたブログですが、最近は東洋医学、文化、文明などについて思ったことを書き連ねています。


by s-a-udade

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
写真
日常
食べ物
お知らせ
短歌

その他
東洋医学
未分類

外部リンク

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2013年 08月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ファンデーションの歴史

最新の記事

お引っ越ししました。
at 2014-03-13 14:47
航空会社別シートピッチ一覧 ..
at 2014-03-08 16:01
『ハンナ・アーレント』再考 ..
at 2014-03-05 13:42
HIV/AIDSに関するアン..
at 2014-03-03 00:38
普遍化する「未病」、誰もが病..
at 2014-03-01 18:52

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2012年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

科学的思考 について ("見つからない"は"存在しない"の証明にはならない意味)

このブログ、TokyoSceneryなのに最近は文書ばかりですね。。。。。
文系の私がこんなこと書くのはアレなんですけど、今日は「科学的思考」についてです。

先日、ネットでこんな記事を見つけた。
「人魚は存在しません」、米政府機関が公式サイトで(AFP=時事)
すこし気になったので米国立海洋局(NOAA)のホームページを見てみたらこんな記事だった。
Are mermaids real?
ここに書いている人魚の存在に関する文章は以下の一文のみ。
No evidence of aquatic humanoids has ever been found.
つまり「海中の人類が存在する証拠は見つかっていない。」ということ。
NOAAが表明しているのは人魚の存在を否定しているのではなく、人魚の存在を示す有効な証拠がないだけである。
つまり日本語の翻訳の方の記事は誤訳。AFP時事がこんないい加減な記事を書くとは思えないんだけど。。。。あるいは話題作りのために敢えて誤訳してるのかもしれないが。。。

前にも書いたかもしれないけど、科学において否定を証明するっていうのは非常にむづかしい。
科学的にありえないということを証明するには、科学の理論を完全に打ち立てて証明しなければなならない。
簡単に言えば、家の中にゴキブリがいないことを証明するには、「探したけど見つからなかった」「今まで見たことがない」では証明にならないということ。

この問題を話すときに思い出すのが、横田めぐみさんの遺骨の話。
北朝鮮政府が「横田めぐみさんの遺骨」だといって渡した骨を日本の三つの研究機関が分析。ふたつの機関は分析不能(1200℃以上で焼いた骨からのDNA検出は困難)だとし、帝京大学の分析の結果ではふたりの別人のDNAが検出された。横田さんのDNAは見つからなかった。
これを理由に日本政府は遺骨を偽物だと判断して、北朝鮮政府を非難した。
しかし、理屈で考えれば遺骨を偽物だと判断する理由にはならないんだな。
帝京大学の分析では、「遺骨の一部から他人のDNAが検出された」ということしかわからない訳だし。遺骨の保存状態によっては他の人の汗などが付着することもおおいにありうる。(遺骨問題を検証した科学誌NATUREによれば焼かれた骨はスポンジのようであり他の物質の吸収を防ぐのはむずかしいという)
日本政府の完全な誤り、だよね。
賢明な読者の諸君は、それが北朝鮮政府を擁護する理由にも、横田さんの遺骨が本物だという理由にもならないということは、お分かりですよね?

だから今回の人魚の記事に限らず、科学的根拠がないとか、証拠がないから否定が証明されたと思われることが多いけど、実際はそうじゃないんですよ。
たとえば「ホメオパシーに科学的根拠はない」というと、あたかもホメオパシーが科学的見地から無効であると捕らえられそうだけど、実際は「ホメオパシーは現在のところ科学的な機序が明らかになっていない」というのとほとんど同じなのであって。。。。
鍼灸も温泉も民間療法もそうだけど、科学的根拠がない、だからダメだって考えはもう捨てませんか。
だいたい、東洋医学が科学なんかに証明できるはずがないんですよ。
「気」の"存在"を否定する人がいるけど、気は本来、概念であって否定も肯定もするものじゃないんだよね。前提条件みたいなもので。本当に簡単に(誤解を恐れずに)言うなら、「気の概念を使ったら鍼灸が非常によく説明できた」みたいなもので。
それを科学に置き換えようとするからアヤシイとか言われるのであって。たぶん気の一部は酸素とかATPとか、免疫の働きであったり、量子力学的ななんらかの動きであったり、なのかもしれないけど、それは科学的な言葉に翻訳はできないでしょう。
寿司は英語でもSushiなのであって。韓国のチヂミはやっぱりチヂミでしょう。それを「韓国のお好み焼きみたいな食べ物」と説明しようとしてもやっぱりなにか違うわけで。気は、やっぱり気なんだよね。

だからCAM(補完代替医療)はときに非科学的だとか、言われてしまうんだけど、そんなことはないんだよね。
科学的な機序が明らかでないものを、イコール非科学的で無価値と捕らえる思考のほうが、実は科学的な考え方をしてないんだよね。
「鍼灸なんて非科学的だ」とか言われたら、言った人の方が科学的な思考をしていないんだから、気にすることはないんだよね。そういう人に限って最後には「ありえない」なんて言葉を使ったりして。感情論、先入観でしかないじゃないか。
まぁ、だからそういう意味で、私は「非科学的」という言葉の意味がよく分からないんだ。非科学的という言葉の方が非科学的じゃないですか。笑

そろそろ科学的根拠がない=無価値・無意味 という思考をやめませんか。科学で明らかになっていないところにこそ、新しい時代を切り開いていく可能性はないのですから。

(その意味でも私は鍼灸を未来の医療だと思っている。東洋医学を西洋医学の言葉で言い換える研究じゃなくて、医学のパラダイムを変えるために、鍼灸界は奮起しなければならないんです)
[PR]
by s-a-udade | 2012-07-08 22:20 | 東洋医学