東京の日常を表現していたブログですが、最近は東洋医学、文化、文明などについて思ったことを書き連ねています。


by s-a-udade

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
写真
日常
食べ物
お知らせ
短歌

その他
東洋医学
未分類

外部リンク

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2013年 08月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

ファンデーションの歴史

最新の記事

お引っ越ししました。
at 2014-03-13 14:47
航空会社別シートピッチ一覧 ..
at 2014-03-08 16:01
『ハンナ・アーレント』再考 ..
at 2014-03-05 13:42
HIV/AIDSに関するアン..
at 2014-03-03 00:38
普遍化する「未病」、誰もが病..
at 2014-03-01 18:52

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

新宿伊勢丹 Rejiig その2

写真と短歌がメインのブログのはずなのに、いつの間にか食べ物の話題ばかりになっていますね。
別に食い意地が張っている訳ではないですよ。体重、50キロ台半ばだし・・・・・。身長は男性の平均値です。

先日も書いた伊勢丹新宿店メンズ館8階の喫茶「Rejiig」に今日もいってきました。
こないだはコーヒーの味が残念だったので、今日はアンリ・ルルーのケーキと紅茶のセットを頂きました。
先日、キハチに行ったときもそうだったけれど、アールグレイを注文しても「レモンかミルクお付けしますか?」と訊かれるのはどうしてでしょう? フレーバーティーに普通、レモンもミルクも入れないでしょう・・・。台無しになっちゃうんじゃないですか?
それはいいとして、アンリ・ルルーのケーキは、塩キャラメル、コーヒー、栗を使用したものがあって、アンリ・ルルーといえばキャラメルなので、私は迷わずキャラメルにした。
ケーキにはナイフとフォークが付いてきた。私は賤民なのでケーキを食べるのにナイフなんて使ったことがなく、軽くカルチャーショックだったが、無視してフォークだけで頂いた。
ケーキというかムースだった。周りはゼリーで薄くコーティングされていて、金粉がふってある。
味はというと、アンリ・ルルーのキャラメルの味をよく生かしたクッキー生地を使い、決して薄味ではないのだけれどしつこすぎない仕上がりになっていた。ただもう一ひねり欲しいような気がした。普通のケーキならまだしも、アンリ・ルルーなのだから。
ちなみに地下のお店でも、630円でお持ち帰りができます。

Rejiigは落ち着いていて、良い感じにジャズが流れて、一人で一息つくには丁度良い。やかましいおばちゃん軍団の笑い声さえも吸収して、BGMにとけ込ませ、昇華してしまうほど。
会計は海外のカフェのように、革製のバインダー(?)に挟まれた伝票がテーブルにそっと置かれるようになっている。素敵。

まだ二回しか行ったことがないけれど、このお店は好きかもしれない。コーヒーの味以外は。
[PR]
# by s-a-udade | 2010-11-25 21:23 | 食べ物

歌詠みの言い訳

歌人、つまり和歌を詠む人というのは嘘つきなもので、いや私が嘘つきなだけかもしれないがとにかく、たとえばただヤロウ二人で喋っていただけなのにあたかも女の子とデートしていたかのような歌を詠んだり、冷たいのは自分なのに立場を入れ替えて切ない気持ちになったフリをしてみたり、ただの妄想を事実であるかのような歌を詠んでみたり、まぁ何とも非道な人種なのだ。
たとえばかの石川啄木も、ロクに働いてもいないくせに働いても金にならないって愚痴みたいな歌を詠んだりしている。
気取って女の子に恋心を伝える為に歌を詠んだくせに、フラれて気持ちが冷めて落ち着いたらその歌を公表しちゃったりして。
芸術という言葉を盾に取って人を傷付けるようなことをする歌人もいる。私もそうなのかも。
和歌(短歌)を詠むというと優雅で風流な趣味だとイメージする人がいたら、一度歌会を覗いてみてほしい。
みんながみんなそうではないが、歌人にもろくでもない奴はいる。私とか私とか私とか。
歌人ってこわい……


空ばかり見ている君と君ばかり見ている僕と繋がれた手と
授業中寝ている僕をペンで突き起こそうとする君のほほえみ
チャラチャラとしている俺が君が好きなんて言っても信じないかな
初めての夜を過ごした君とさえまだ通じない心と心
君からの誘いがないか連絡を待つ夜の9時スタバでココア
[PR]
# by s-a-udade | 2010-11-24 22:11 | 短歌

新宿伊勢丹 rejiig

今日は免許証を更新に行ってきた。朝の早い内に行ったので、あまり待たされることはなくに無事終わった。初回なので講習は2時間だが、一番後ろの席だったので気持ち良くウトウトしているうちに終わってしまっていた。よかったよかった。
そんなわけで免許証はグリーンからブルーになったのだ。
それにしても、府中の試験場は車で来るなと言っているくせに交通の便の悪いところにある。まったく……

夕方まで暇だったので喫茶店で暇つぶしをしようと伊勢丹本館に入ったが、昼過ぎのいい時間で、キハチカフェもクローバーもロイヤルコペンハーゲンのカフェも満席で、列が出来ていた。
私は喫茶店で並ぶ意味がわからないので諦め、そういえばメンズ館にも喫茶店があるのを思い出した。
メンズ館の8階に喫茶店Rejiigはあるのだが、まず8階自体に人が少なく、着いた頃には3組程度しか人がいなかった。日曜日なのに。
コーヒーは濃いめだがハンドドリップではないみたい。コーヒーメーカーっぽい味がした。この味で945円は高いかなー。付け添わせにチョコレートとレーズンがついてくる。お洒落。
静かにジャズが流れ、落ち着いた雰囲気で、席の間隔も広いので隣の席の人に気を遣うこともなく快適だ。
デパートの喫茶にしては空いているし、なかなか穴場だと思う。

ちなみにこの店はフォアグラバーガーで有名なんだとか。私は遠慮したい。
あと、フランスのキャラメリエ、アンリ・ルルーのケーキも頂けるらしい。

大人の男性の為のカフェ。私にはまだ早いかも。
[PR]
# by s-a-udade | 2010-11-21 14:30 | 食べ物

the script- we cry

There comes a time when every bird has to fly
At some point every rose has to die
It's hard to let your children go, leave home, where they go, who knows?
Gettin' drunk, gettin' stoned all alone
Teach a man to fish, feed a man for life
Show your kids the truth, and hope they never lie
Instead of reading in a letter that they've gone to something better
"Bet you're sorry now, I won't be coming home tonight"

I'm sick of looking for those heroes in the sky
To teach us how to fly
Together we cry, we cry, we cry


[PR]
# by s-a-udade | 2010-11-19 23:56 | 日常

部屋1117−18

また、私の部屋です。
部屋にはテレキャスとか、マーチンD18とか、エフェクターとかも置いてあります。最近は夜遅く帰るのであまり使えませんが。

机のデスクマットにはロンドンの地図の書かれた包装紙(?)を使っています。ノートの表紙とかにも使っています。
d0189176_0324264.jpg

d0189176_0324312.jpg

d0189176_0324320.jpg

d0189176_0324460.jpg


[PR]
# by s-a-udade | 2010-11-19 00:33 | 写真

フィルターが・・・・・

こないだ駅で人とぶつかって、カメラバックを肩から落っことしてしまい、帰ってから確認したら、レンズキャップがフィルターの枠にめり込んでいました。
持ち上げたらシャカシャカ音がしたので、まずいな、と思ったけど、めり込んでいるレンズキャップを外そうと思ったけれど、外れず。
フィルターを回して外そうとしたら、ギギーッと嫌な音が。

まずい。

他にどうしようもないので、そのまま半ば力ずくでフィルターを外すと、予想通りフィルターはバリッバリに割れていました。
割れた硝子を1つずつペン先を使って剥がし、なんとかキャップも撮れました。
不幸中の幸いか、レンズは無傷。
フィルターに助けられた形となりました。

前に一度、カメラを始めた時だけれど、レンズを交換中に落としてしまい、フィルターの枠が歪んでしまった事もありました。

どういうふうにカメラを持ち歩くかはその人の勝手だし、画質を維持する為にフィルターを付けない人もいるけれど(私もマクロで撮るときは外します)、見ていてこの持ち歩き方はいただけない、と思うことはしばしば。
私が口を出すことではないのですが。
でも、個人的にはカメラはカメラバックに入れて持ち歩くのがベターだと思いますよ。汚しても壊してもその人の責任ですからどうでも良いけれど。

ただ、1つだけどうしても許せないことがあります。
人が多いところで、ズームレンズを付けたカメラを肩からぶら下げて歩くこと。
子供の頭に当たったらどうするんだ、と言いたい。
誰もあんたのことなんか見ていないから、恥ずかしがらずに首から提げて持ち歩きなさい。カメラをファッションに使うんじゃない。



話は変わるけれど、百貨店でバイトを始めてから変わったことっていろいろとある。
特に気をつけているのは買い物するときの態度なんか。
テキトーに仕事しているやる気のない店員に媚びることはないけれど、手間を掛けたりしているのだから、常に低姿勢で店員さんに接するようにしています。こっちも気分が良いし、働いている人もやりがいになるだろうから。
笑顔と、ありがとう、お手数お掛けしました、ご丁寧にありがとうございます、ご馳走様でした・・・・・・。
少なくともそれくらいは言えるくらいの礼儀は身につけておきたいものです。でも、本当に気遣いの仕方を知っている、本当の意味での礼儀のある人を見て、まだまだ自分は未熟だなーなんて思うことの方が多いけれど。

なんでこんな話をしたかというと、あまりに身近な人に、自分が絶対になりたくないような客がいたということ。
どんな仕事でもそうだけど、規則とか法律とかっていうものがあって、できないことはできないから、それはお客様に対して申し訳ないけれど、お断りするしかない。できないことでも、してほしいという気持ちは分かりますよ。その法律、おかしいんじゃないのと思うこともありますよ。でもそれをすることができないんです。
それなのに威圧的な態度を言ったり、無意味な理屈を並べたりして押し通そうとする人、私にはどうしても理解できないし、こちらだって嫌な気持ちになったりとか、泣きたくなったりする。で、退勤後とか休憩中とか飲み会で愚痴として零すのだけど。
そういう客を、クレーマーという言葉で片付けてしまうのはいかがなものかと思うけれど、たまに信じられない人がいます。
面白がってそれをする人達。
私の家族の中にそんな人間がいたという事実。それを夜の食卓で楽しそうに「銀行員いじめちゃった」なんて笑っているのを聞いて、私はショックと怒りでたまらなかった。
本当は味噌汁を頭からかけてあげたかったけれど、ぐっと堪えた。けれど、幾ら爆音でギターを弾いても大好きな音楽を聴いても晴れないモヤモヤと憤怒とショックがあった。
決まり事がおかしいと思う気持ちも分かりますよ。だからって頭ごなしや、楽しむために難癖付けて偉そうな態度に出たり、嫌がらせをしたりするって、人間としてどうなんでしょう。
相手は制服を着てお客様第一です、みたいな格好しているけれど、ちゃんと心を持った人間で、この人嫌いと思うこともあるし、悲しいと思うことだってあるし、もう辞めたいと思うこともあるし、時にはこの客地獄へ落ちろと思うことも・・・・あるかもしれなくて、でもその中で優しいお客さんとか、仲間とかが掛けてくれる笑顔や言葉、帰って食べる食事とか、家族や友達や恋人との楽しい時間とか、そういうことを楽しみにしながら自分を癒して生きていて・・・・。

決まり事とお客様の要望との間に板挟みになりながら働いている人を傷つける権利なんて私たちにはないと、少なくとも私は思うのだけど。違いますかね。

話は戻るが、私のバイトは厳しく客に言われてしまうことのある様なバイトなので、すぐに辞めてしまう人もいる。そういう人達をたまに快く思わなかったりするけれど、本当に悪いのはどっちなんだろう、と思う。


多分、今日の出来事を、私はずっと許すことができないと思う。

[PR]
# by s-a-udade | 2010-11-16 22:20 | 日常

写真展二日目

皆様のお陰で、無事に写真展「アドリア海とスタリー・グラード クロアチア」を終えることができました。
沢山の方のご来場、本当に感激しています。
また、写真展だと知らずに喫茶に来たお客様にも、クロアチアに興味を持っていただく機会となり、非常に嬉しく思っています。
また、今回来られなかった方々にも、励ましのお言葉などを頂き、感謝しています。
次回は・・・・いつだろう。

写真展で好評だった、「クロアチア旅行記」ですが、アップしておきました。
25ページありますので、時間のあるときにご覧下さいませ。
こちら(PDFファイル 12.1MB)(重いです・・・・)

また、会場を貸して下さったCafe Calvaさん、この場を借りてお礼申し上げます。

写真展で展示したうち、4点をセレクトして、Cafe Calvaの壁に引き続き置かせていただいています。
今回来られなかった方も、機会があれば立ち寄ってみて下さい。



[PR]
# by s-a-udade | 2010-11-14 21:38 | お知らせ