東京の日常を表現していたブログですが、最近は東洋医学、文化、文明などについて思ったことを書き連ねています。


by s-a-udade

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
写真
日常
食べ物
お知らせ
短歌

その他
東洋医学
未分類

外部リンク

以前の記事

2014年 03月
2014年 02月
2013年 08月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

ファンデーションの歴史

最新の記事

お引っ越ししました。
at 2014-03-13 14:47
航空会社別シートピッチ一覧 ..
at 2014-03-08 16:01
『ハンナ・アーレント』再考 ..
at 2014-03-05 13:42
HIV/AIDSに関するアン..
at 2014-03-03 00:38
普遍化する「未病」、誰もが病..
at 2014-03-01 18:52

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

いま思うこと

炬燵に足を突っ込んで温々とテレビの画面を通してしか被災地を見ていない私があれこれ言える立場ではないのでしょう。
一方でテレビを見ていると、番組として伝える側の意図というか、ココをこんな風に見せてやろうみたいな創作が見えすぎているので、どうも信じることが出来ない。

一口で言えば僕は被災地を知らない。

人はいつも自然に意図があるような言い方をしたがるけど、実際にはないはずだ。
プレートテクニクス理論が正しいとするなら、地震が起こることも風が吹くことも、それが地球が存在する上で、何も意図のないたんなる同程度の現象にすぎないと言えるかもしれない。それでも巨大地震が襲ったというのに僕らは風がおそったなんて言わない。
人間が自然の中に生き、自然の一部としてしか生きられないという事実を受け入れられないのだろうか。人一人の命が地球より重いというのなら、それは犬だって虫だって花だって同じではないのか?僕は悲劇の中にも人間の驕りを見た気がしてならないのだ。

話題がずれました。
地震の一週間後、僕が向かった先は被災地ではなくて、キューバだった。
たんに旅行なんですけどね。
現地では、僕が日本人だと分かると一言目にはTerremoto(地震)やTSUNAMI、FUKUSHIMAという言葉が出てきた。友達も家族もみんな無事だよというとみんな安心した。彼らは片言の英語で日本の状況を知りたがり、僕の意見を求めた。キューバに生きる人々の優しさを感じた。
現地では散々インチキな情報をつかまされたのだが。
ある新聞には30,000人が被爆し600人が放射能が原因で死亡したと書いてあったし、テレビで昨日までに24,000人が亡くなったと言っていたと聞いて涙を流したものだ。

そんな中で出会った一人の男性の言葉が忘れられない。
「日本は今危機的な状況に陥っている。でも、いつか時が過ぎればそれは単に過去のものでしかなくなる。日本はこれを乗り越えるだけの力を持っていると私は信じているよ。日本は1945年、あれはアメリカ合衆国の愚かな判断だったが、ヒロシマとナガサキの原子爆弾投下を乗り越えて経済的に大きく成長した。それだけ日本人は懸命に働き、災害を乗り越えることができるんだ。こうして君と喋ることができてとても嬉しいよ、シュン。」

地震や津波や原発事故で被害にあった人が何十万もいて、その一人一人に哀しい物語があるのに、

がんばろう日本

哀しみをそんな無責任な言葉の下敷きにしてはいけないと思う。
[PR]
# by s-a-udade | 2012-03-11 21:53 | 日常

ご無沙汰しています。

最近ブログの方の更新がめっきり減ってしまいました。もうしわけない。
最近はTwitter(@ARAKIshun)やFacebook(www.facebook.com/ARAKIshun)のほうでばかり発言しているので・・・。

日曜日(現地時間)にグラミー賞の授賞式がありました。
前々から予想されていた通りアデルが大活躍でした。
それはどうでもいいんだけど、
Foo FightersのVocal、Dave Grohlのスピーチに感銘を受けました。


"This is a great honour, because this record was a special record for our band. Rather than go to the best studio in the world down the street in Hollywood and rather than use all of the fanciest computers that money can buy, we made this one in my garage with some microphones and a tape machine...

"To me this award means a lot because it shows that the human element of music is what's important. Singing into a microphone and learning to play an instrument and learning to do your craft, that's the most important thing for people to do.

"It's not about being perfect, it's not about sounding absolutely correct, it's not about what goes on in a computer. It's about what goes on in here [your heart] and what goes on in here [your head]."

「これは素晴らしい栄誉だ。この録音はバンドにとって特別なものだった。ハリウッドの世界で最高のスタジオも、金の限りを尽くしたコンピュータも使わずに、俺のガレージで、マイクとテープレコーダで録音したんだ。
この賞は俺にとって大きな意味がある。この賞が、音楽をやる上で最も基本的なこと、マイクに向かって歌い、楽器の技術を身につけ、作品を作っていくことなんかが最も重要なことなんだということを示しているからだ。
完璧であることや、音が正確であること、コンピュータであれこれするのが重要なんじゃない、頭と心で何が出来るか、それが重要なんだ。」
[PR]
# by s-a-udade | 2012-02-15 00:10 | 日常

年頭所感

あけまして。おめでとう。ございます。
荒木です。
今年もよろしくどうぞ。

座席は詰めて譲り合うのが常識なのに、人間の社会を見たとき、世界の経済、人類の共有の限られた資源、財産、それらを譲り合うとか、他の人が使えるようにするとか、そういう発想は全然なくて、嫌な社会だな、と思います。
そう考えると、社会主義に行き着くのだけど、私は革命という手段は不可能ではないかと思っているので、しかも世界全体で達成するのは尚更なので、どうすべきか手をこまねいているのです。

今年、私は映画を作ろうと思っています。
なにが正しいとか、なにが普通とか、どうあるべき、とかは、とりあえず置いておいて、自分の信じることをしよう。
本当に、今の世の中、結果や効率ばかり求められるけど、
この映画を作っていく過程や、みんなで一つの作品を作る喜びを感じて楽しみたい。そう思うのです。
[PR]
# by s-a-udade | 2012-01-01 10:27 | 日常

航空会社別シートピッチ一覧 ランキング



更新しました。最新版はこちら


日本に就航している航空会社の、おもに日本に就航している機材(あるいは長距離路線の機材)のエコノミークラスのシートピッチ(前後の座席の間隔。足下の広さではなく、あくまで設置の間隔)をまとめてみました。
出典はSEATGURU by trip adviserから。
かなりがんばってまとめたので、評価されていいはず・・・・笑
広さの降順で並べてみました。2桁の航空会社コードのあとに航空会社名、シートピッチ(単位:インチ)を表記してあります。

OZ アシアナ航空(韓国) 34
AF エールフランス 34
MH マレーシア航空 34
CA エア・チャイナ-中国国際航空 34
KE 大韓航空 33
EK エミレーツ航空(UAE) 33
TK トルコ航空 33
AA アメリカン航空 32
QR カタール航空 32
CX キャセイ・パシフィック航空(香港) 32
AY フィンエアー(フィンランド) 32
OS オーストリア航空 32
SQ シンガポール航空 32
LX スイス・インターナショナル・エアラインズ 32
TG タイ国際航空 32
DL デルタ航空(USA) 32
CL チャイナエアライン-中華航空 32
SK SAS-スカンジナビア航空 32
AZ アリタリア航空(イタリア) 32
AC エア・カナダ 32
D7 エア・アジアX 32
SU アエロフロート(ロシア) 31
JL JAL-日本航空 31
LH ルフトハンザ(ドイツ) 31
KL KLMオランダ航空 31
UL ユナイテッド航空(USA) 31
BA ブリティッシュ・エアウェイズ(イギリス) 31
QA カンタス航空(オーストラリア) 31
JQ ジェットスター(オーストラリア) 31
NH 全日本空輸 31
VS ヴァージン・アトランティック(イギリス) 31
FR ライアンエアー 30
U2 easyJet 29

インチ→センチは、
34→86.36
33→83.82
32→81.28
31→78.74
30→76.2
29→73.66
になります。

もっと詳しく、座席の幅と、シートピッチを書き出した機材を書いたものがをここにまとめました。
このデータを使いたいとか、ここ間違ってるよとか、そういうお問い合わせは遠慮なくpardners(アットマーク)u2.comまで。

ちなみに、機内食の評価をskyscannerが調査した結果が、 これです。
調査対象が少ないのですが、それでもシートピッチと機内食ともに評価が高い会社は少ないですが・・・。
対象に入っていない会社でも、大韓航空、マレーシア航空は機内食が美味しいと個人的に思います。
機内食よりも、私はシートピッチを気にするので、やはりアジアならマレーシア、アシアナ。ヨーロッパならエールフランスを使用したいです。
[PR]
# by s-a-udade | 2011-12-07 20:03 | その他

ポーランド紀行



撮り貯めた動画を編集しました。いまは、感想とかについて語る元気がないので、これで許してください。
[PR]
# by s-a-udade | 2011-12-04 22:00 | その他

なんとなく今日思ったこと・・・夢とか、目標について。

あまりに肥大化した社会、人一人の存在があまりに小さすぎるのだと思う。
どこに行っても知らない人ばかりである。生活という場の中で、あるいは買い物、あるいは仕事という環境でそのほとんどが知らない人との関わりだ。逆に自分という存在も考えてみたとき、単に会社という組織に属する一人であったりとか、つまり自分がいてもいなくても一緒。代わりに他に誰でもいて、自分の社会に占める役割がわからない。ただ社会の一員という言葉で自分の存在意義が示されているだけで、そこに自覚はない。江戸時代なら士農工商と身分があって武士は公務員だとか、農民は食料を作る人だとかって役割があったし、生活の場で出会う人というのはほとんどが知っている人だったから、社会に置いて助け合うとか分業だとかという形で自分の役割もしっかりしていた。
いま、人一人の存在があまりに薄まったなかで自分の本気でやりたいことだとか、夢や目標っていうのを見つけるのは難しいことだと思う。それぞれの仕事に意義を見いだすのはむずかしい。
一方で夢や目標なんか見いだせなくても十分に生きていける社会を作っているのが教育だ。私には教育は画一の人格を作り出すためのシステムにしか見えない。はみ出た者が淘汰されて「真面目」な人間、与えられた課題をこなすことが出来るだけの人間を育てる。そして社会に出ればただ歯車の一つとして動くだけだ。
そんな無味無臭の人生に、なんとか希望を与えてくれるのがメディアであり、インターネットであったのだと私は思う。言ってしまえば、やりたい事なんかみつからなくても、テレビさえ見ていれば一生暇つぶしができる。
でもそんな人生が有意義だとも思わない。やっぱり社会の中でちゃんと自覚をもって働くことが豊かな人生をつくるのだとおもう。自覚。これって難しいですよね。私は幸いにもやりたい事を見つけられたし、社会的な意義も在ると思うけど、それをたまたま見つけられたことがえらいとは思わないし、ちゃんときっかけがあったからという理由に過ぎないと思う。真面目に将来も考えていて、でも夢や目標を見つけられない、っていうのも正直だし、私はいいと思いますよ。常に疑問をもって生きていよう。
[PR]
# by s-a-udade | 2011-11-12 22:05 | 日常

今日からできる東洋医学② 現代の食へのアドバイス

一昨日は、東洋の陰陽の考え方から食をみつめてみました。
それを踏まえて、現代の食の問題から健康へのアドバイスを考えてみたいとおもいます。
私は大体の体調不良は普段の生活環境を改善すれば起こらないという仮説を考えています。まだ裏付けは薄いのですが……
冷えが万病の根源とする考え方もあります。食から冷えを排除するというのも一つの方法でしょう。(夏にはある程度の冷却は必要ですが、冷房の効いた室内ではむしろ不要でしょう。)

・パン食をやめる
特に工業的に作られたパンというのは添加物の観点からも危険ですね。小麦粉も果皮や胚芽は取り除かれていますから体を冷やします。パンと同時にヨーグルトもやめましょう。ご飯と味噌汁を基本にするだけで大いに陽の方向に傾きます。
・果物に気をつける
果物も体を冷やす物が多いですね。本来日本になかったものも多いですね。秋に柿は美味しいけれど、体を冷やすのでほどほどにしておきましょう。また果物はできるだけ朝に食べましょう。昼の暖かい時間に体が冷えてくるからです。夜に食べると寝ている間に体が冷え、消化機能を落とします。
特に気をつけない食べ物はバナナですね。青い状態で出荷されて追熟するという他にないものです。南国のものなので日本人には向かないでしょう。私はもうバナナを食べるのをやめました。
・干したものを食べる
椎茸、柿、梅などはそのままだと体を冷やすのですが、干したものは大いに体を温めます。冷えたなぁと思ったら干し柿や干し芋を食べてみては。
・間食に気をつける
お菓子は適量が大原則ですが、洋菓子はだいたい体を冷やします。小麦粉が使われているものが多いですね。チョコレートもカカオに砂糖と南の国の食べ物がふんだんに使われています。
逆に冷えないものは甘栗や煎餅、あられ、饅頭などですね。「甘栗むいちゃいました」は有機栽培で添加物もなく安心なのでおすすめです。
・陰が育むものは陽であり、陽が育むものは陰である
これは私の仮説です。しらべればこういう考えも出てくるでしょう。
雪国で育った人は寒さに強い。これは明らかに陽の性質ですね。夏の食べ物が体を冷やすのも同じ理由でしょう。
だから、地中と地表を陰と陽に分けたとき、地中に生きる食べ物、つまり根菜は陽で葉菜は陰の性質を持つのです。根菜を食べて体を温めましょう。
・皮まで食べろ!
内面は陰で外面は陽と考えますから、植物の外面である皮は陽の性質を持っています。皮まで食べてこそバランスが取れるので、逆に実だけ食べていたら体を冷やすのですね。白米より玄米を食べましょう。またミカンの皮は天日に干して煎じるなりお風呂に入れるなりして活用しましょう。
・欧米の食事は体を冷やす
欧米人って日本人に比べて体温が高いんです。だから私が海外で風邪引いて、熱を測って38度だった。そしたらなんだ平熱じゃないかって言われる訳です。陰陽とは相対的な概念であって、同じ物を食べても日本人の方が体を冷やしてしまうのです。
・肉から魚へ
腸管の長さはもうお話ししましたね。日本人は残念ながら多く吸収してしまうのです。また、肉の脂肪は魚の脂肪に比べて溶ける温度が高いのです。だから魚の脂肪を摂取しても定着しにくいのですが、肉の脂肪は定着して、簡単には分解できなくなってしまうのです、
・酒の飲み方を考える
アルコールというのがそれ自体がエネルギーなのではなくて、エネルギーを消費させて熱を出すのです。それに大体は体を冷やす物ばかりですね。日本酒の温かいのを飲むのが理想です。ただお酒を飲む機会を考えると、特別な日というのはたまには健康に配慮しなくてもいい日と考えることもできるでしょう。日々のお酒とのつきあいを考えよう、ということなのです。
・美味しいものとは何かをもういちど考える
私の考えでは、現代の食事は脂肪と(化学)調味料に汚染されていると断言できるんです。たとえば二、三十年前まで、マグロのトロは土木作業員の食事か、棄てられる物でした。脂の食感しかしないんです。それは味ではないですよね。肉も同様で、A5ランクとかの何が良いのかわからない。ただ脂がとろけてるだけじゃないですか、そこに味の善し悪しは問われていないのです。でももしそれが本当においしさなのだとしたら、野菜にもはや存在意義はありませんね。個人としてはトロよりも赤身、赤身よりも白身の方が繊細な味わいがあって好きなのですが・・・。同様にフライドポテトなんてどこに価値があるのかわかりません。化学調味料についてはもはや言うまでもありません。私は味の素を使うと咳が止まらなくなります。自然本来の食事をして、それらの美味しさを再発見するというのは、結局それらを味わってしか分からないものなのだと、私はおもうのです。


追記
もちろん誰にでも冷えがあるわけではありません。自覚的にも触ってみても冷えがない人が身体をあたためるのも逆効果ですね。ぎゃくにほてりや熱感のある人はすこし身体を冷やしてみましょう。
一方で「上実下虚」というものあり、これは上半身に気が上がりすぎて下半身に力が足りない状態なのです。足は冷えているのに頭はほてる、などというのは上実下虚ですね。運動などで気の巡りをよくしてみましょう。それでもだめなら鍼灸へ。
薬膳、というのもありますがこれは一つのパターンにおさめられるものではありません。身体が冷えている人も熱い人もいて、力が足りない人も有り余っている人もいて、急性の病の人も慢性的な人もいます。この食べ物が身体に良い、という思い込みはやめた方がいいでしょう。それぞれの身体にあった食べ物を見つけていくことが大切なのです。
[PR]
# by s-a-udade | 2011-11-09 22:24 | 東洋医学